タスクデンタルクリニック

〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-5-5 アーバンBLD心斎橋4F

審美歯科治療で大切なこと

患者さんの白い歯になりたいとの要求にただ対応するだけではなく、機能面や術後のことも考慮しながら治療をおこなうことが重要です。

特に、歯科医師が主導で治療を進めるのではなく、患者さんの要望や要求度を把握し、確認し合い、患者さんと歯科医師がお互いに納得した上で治療を進めていくことが大切です。 いくらその歯科医師に実績や技術があったとしても、患者さんの意思や要求度を聞かないでお互いに良い審美歯科治療が本当におこなえるのか?良い結果を得られるのか?これは審美歯科治療をする上でより困難なものになるものです。

大切なことは、歯科医師と患者さんの間にコミュニケーション・信頼関係が構築されており、お互いが納得しながら共に治療に取り組むことが、審美歯科治療、そして歯科治療では大切なことです。

Aliquam quam lectus pulvinar urna leo dignissim lorem

術後のケアも大切です

審美歯科治療でもう一つ大切なことは、治療をおこなった後のメインテナンスです。治療後に定期的なメインテナンスをしないと予後が悪くなりせっかく入れた白い歯がダメになってしまう可能性が高くなりますので、しっかりと定期検診を受けてメインテナンスをしましょう。
また、治療をした歯科医院が、治療後の適切な管理を継続的におこなってくれる歯科医院を選ぶことも大切です。 
これは在ってはならないことですが、処置をやりっぱなしや、その後の十分なケアなどが無かった場合、致命的な結果を迎える前に、早急に別の医院に行くのがいいでしょう。

審美歯科治療は保険外の診療なので保険の診療より費用のかかる治療です。そのため、術後の管理などに対しての歯科医師の考え方・取り組み方、医院の体制などをしっかりとおこなっている医院・歯科医師を選択することと、患者さんの定期的なメインテナンスを受ける意識が大切です。